どんなときに贈るのか

内祝い

内祝いとは、結婚、出産、新築、入学など、おめでたい出来事があったときにもらったお祝いのお返しとして贈るもののことです。若い人には馴染みがないかもしれませんが、古くから伝わる日本特有の風習で、お祝いをありがとう、という感謝の気持ちを物で表すという意味から、一般的なマナーとして広く知れ渡っています。特に年配の方には、贈らないと失礼にあたるので、必ず知っておくべきマナーとして覚えておきましょう。もともとは身内でお祝いごとがあったときに、親戚の間でそのことを喜びましょう、という意味で使われており、身内間で品物を用意するというのが普通でした。しかし年月が経つにつれ「お返し」の意味合いが強くなり、上記のような意味として使われるようになったのです。例えば、結婚式の披露宴でもらう引き出物なども、その一部です。そのため、結婚式で引き出物をもらった人には、内祝いをあげる必要はありません。

金額の相場やおすすめの品は

内祝い

内祝いの基本は、「半返し」です。半返しとは、いただいた金額の半分を目安に内祝いを用意するというもの。例えば1万円をもらった場合は、5千円相当のものを用意します。ただしこれは目安なので、贈る相手によって多少変えてもOKです。ただし、お祝いの種類によってお返しの相場は変わります。例えば新築祝いをもらった場合は、内祝いは贈らず、新居に招待しご馳走をふるまうことで内祝いの代わりとする、という風習があります。もしも品物を贈る場合は、食器などの器ものが好まれます。また出産祝いの場合は、生後1か月のときに行うお宮参りの前にお返しをするというのが基本です。出産後は品物をじっくり選定する時間がなかなか取れないので、出産前にある程度予算や品物を考えておくと良いでしょう。産院によっては、カタログをくれるところもあります。また、内祝いの品としておすすめなのは、日用品や保存のきく食品、例えばタオルや洗剤、ドレッシングや瓶詰のおかずなどです。使い勝手が良く、日常でよく使い、貰っても困らないもの、というのを念頭に考えるとスムーズです。贈るべきものが分からない場合は、デパート売り場などで販売員に質問すると、売れ筋商品を教えてくれますので実践してみましょう。またインターネットを使えば、専門サイトなどでおすすめ品を見ることが出来ますし、そのままそのサイト上で購入・発想も出来るのでおすすめです。お返しをする人や送る住所が多い場合は、インターネットを使ってみましょう。

ギフト専門店 ギフトマン

挙式費用の節約にピッタリ☆引き出物が割引価格で購入できる♪

広告募集中